文化部」カテゴリーアーカイブ

平成30年度 学習院國劇部本公演

学習院国劇部 現役部員<本公演>
国劇部は 現役大学生のよる歌舞伎の上演を続けており、昨年創立70周年(2017)を迎えました。今年度71年目の本公演を左記の通り行いました。
日時:平成30年9月1日(土)
場所:中央区日本橋公会堂4階ホール
演目:新版歌祭文 野崎村

お蔭様で 200名を超えるお客様がいらっしゃり、一階席が満員となる大入りとなりました。また舞台も、市川齊入師匠、市川新蔵師匠の熱心なご指導を頂き、現役部員もとても頑張り、大変良く出来ていました。国劇部では 今後も 1年に一度の本公演を続けて参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。【国劇部桜友会事務局 菱倉真理】



ハワイアン桜友会「第14回アイランド・サウンド・フェスティバル」2018開催報告


恒例の行事となったチャリティー・メレ・フラ・コンサート「アイランド・サウンド・フェスティバル」は本年が数えて第14回。
学習院のOB、OGを交え総勢10組のフラ・チームが出演し、去る7月29日に創立百周年記念会館正堂にて盛大に開催された。演奏は鴻池 薫とハワイアン・ソウルフレンズ、ハングルースの2つのチーム。未就学の幼稚園児から94歳のご高齢の方まで、老若男女を問わない多数の出演者がステージを賑わし、大勢の観客を前に日ごろの練習の成果を披露した。
この公演の収益は、例年通り「とうきょうはっぴーくらぶ」「ESAアジア教育支援の会」等に寄贈される。ハワイアン桜友会では、次回が節目のコンサートとなるだけに、現役学生・生徒の参加を呼び掛けて居り、希望者を募っている。

文責 ハワイアン桜友会
事務局長 平田 邦彦
(昭和37年政治学科 卒)

学習院俳句会新年初句会開催

平成30(2018)年1月16日、恒例の初句会が霞会館において、「玉藻」主宰の星野高士先生を特別選者にお招きして開催されました。句会後の懇親会では星野先生から、かつて「玉藻」若手学習院三羽烏と謳われた佐藤石松子(昭24旧高)、成瀬正俊(昭31国)、京極高忠(昭32経)氏らの活躍ぶりにつてのお話をうかがい、あらためて学習院と俳句との深いつながりを思いました。
●星高士先生特選句
「細胞の力を信じ初鏡」望月和子(昭44哲)
●長嶺千晶先生特選句
「衰へは笑顔に変へて初鏡」十河弘子(常磐会)
●当日の最高得点句
「高麗屋三代映す初鏡」遠藤風琴(昭32短)
学習院俳句会は超結社の楽しい句会です。毎月第3月曜日午後、長嶺千晶先生(晶代表、昭57仏)のご指導の下に開催しています。俳句に関心のある方は句歴の有無を問わずにぜひどうぞ。
お問い合せ先/多田信子(昭34国)電話03-3200-6704

桜史会(輔仁会 史学部OB・OG会)第29回定時総会 開催

平成30年5月12日(土)15時から史学部OB,OG会である「桜史会」は、輔仁会館2階ラウンジで第29回定時総会を開催しました。出席者は、OB,OGの他、現役も含め41名になりました。
平成29年度事業報告、決算報告並びに会計監査報告及び平成30年度事業計画(案)、収支予算(案)を満場一致で承認しました。
今年度は、役員改選の年にあたり、非改選の会長、副会長、事務局長の3役を除き、新たに14名の新役員が就任し、その内、12名が平成卒となりました。新体制で2年間の任期中に、2年に1度の桜史会旅行や、オール学習院の参加、講演会の開催などの活動を企画していくことになります。
また、平成31年には史学部創立70周年を迎えることになり、その区切りの年にイベント開催を検討することも提案されました。
現役執行部からは、6月の博物館見学開催の紹介もあり、引き続き現役との交流にも力を入れていくことが確認されました。
その後、同会場で懇親を図り、さらに今年は、学習院大学史料館で開催の「宮中和歌の世界 うたのいろどり」を見学させて頂きました。恒例により有志で2次会、3次会も行い現役、OB,OG間の交流を図りました。

藤崎 光太郎(H2)記

2018年 第8回学習院放送研究部春秋会開催のご報告

平成30年5月12日(土)、学習院放送研究部OBOG会「春秋会」の第8回総会・講演会・懇親会が学習院目白キャンパス内「目白倶楽部」において開催されました。桜友会本部から鈴木征副会長にご出席頂きました。幸い当日はお天気に恵まれ、大勢の会員の皆様にご参加頂き、総会・懇親会を行う事が出来ました。(ご来賓、現役生を含め45名参加)
山本名誉会長のご講演も大好評で、皆様とても興味深く耳を傾けていらっしゃいました。

史学部桜史会 第32回オール学習院の集いに参加

学習院に縁のある様々な方々の交流のための「オール学習院の集い」が本年(平成30年4月15日)も開催されました。
史学部桜史会では、西田かほる氏(静岡文化芸術大学・教授)による講演会を開催し『江戸時代の巫女』をテーマにお話を頂きました。現在のイメージとは大きく離れた過去の巫女の姿に驚く方も多かったことでしょう。既婚者や男性の巫女もいたとされ、性差や出自、境遇をこえて社会的な役割が多様化する昨今、とても身近で私たちに関わりのあるテーマでした。
講演会後は懇親会も催され、OBOGや現役の方々の良き親睦となりました。OBOGや現役、桜史会役員の方々のご尽力により今回も盛況に終了したことを嬉しく思います。 福井宏直(H25) 記


音楽愛好会OB・OG会 総会開催のご報告2018

予想より一段と早まった開花で目白キャンパスの桜も満開となりました2018年(平成30年)3月24日(土)、音楽愛好会OB・OG会の第7回の総会・懇親会が目白倶楽部で催されました。会冒頭には昨年学習院大学を卒業されたばかりのチェリスト笹沼樹氏のミニコンサートが行われ、笹沼氏の紡ぎだす力強く、かつ繊細なチェロの音色が目白倶楽部に響き渡りました。続いて行われました総会・懇親会は、学習院から院長の内藤政武様、専務理事の耀英一様、学習院桜友会から会長の東園基政様、音愛OBでもある顧問の秋山豪様、そして参与でいらっしゃる杉肇子様をお招きして行われました。総会では鈴木会長以下役員は全員留任のご承認を頂き、続いて行われた懇親会では笹沼氏にもご参加頂き、昭和28年物理卒の大先輩から1歳半の赤ちゃんまでという幅広い年齢の方々のご参加の中、和気あいあいの暖かい会となりました。【文責:学習院音楽愛好会事務局 菅原(昭和46年卒)】

内藤政武学習院長と共に

チェリスト笹沼樹氏のミニコンサート