カテゴリー別アーカイブ: アーチェリー部桜友会

高等科洋弓部創部50周年記念式典・祝賀会開催報告

平成27年2月21日、高等科洋弓部の創部50周年記念式典が、高等科洋弓部後援会主催の下、高城彰吾 高等科生徒課長、大林 誠 都高体連アーチェリー専門部長、山下純司 大学アーチェリー部長、歴代顧問先生方を来賓としてお招きし、現役・OB総勢68名の参加者と共に高等科501教室にて開催された。

1964年に輔仁会の同好会として発足し、1969年の部昇格を経て、今日に至るまで、OB総数は260名を数え、倶楽部の沿革を振返りながら、伝統ある輔仁会活動の一翼を担う運動部として、次の100周年に向けた新たなスタートの幕開けとなった。過去にインターハイ入賞や、全国選抜、国民体育大会への出場など、輝かしい戦績と共に、1980年のモスクワ五輪代表となった、広瀬 明(1967大経済)OBも式典に駆けつけ、若手は高1現役生徒から初代OB(1966年高等科卒)にいたる、大学アーチェリー部とも一体となった、学習院アーチェリーファミリーとしての和やかな式典となった。式典の最後に後援会長の交替セレモニーも行ない、初代OBの福島 栄(1966高等科)会長から、福留 誠(1981大経済)新会長にバトンタッチされた。

式典終了後、輔仁会館さくらラウンジに会場を移し、祝賀会を開催し、現役高等科部員からの力強い決意表明と共に、OB一同の絆の確認を新たにした。席上2014年度の輔仁会優秀団体表彰に、高等科・大学洋弓部が共に選出されたことが報告され、式典に花を添えた。

http://www.gakushuin-archery.com/

文責 高 泉洋(1985大法法)

gat50_2015

1980ロス五輪幻の代表選手 広瀬明OB

1980ロス五輪幻の代表選手 広瀬明OB

高等科洋弓部創部50周年記念式典開催案内

高等科洋弓部の創部50周年記念式典を、高等科洋弓部後援会主催の下、以下の通り開催いたします。

日 時 及び 会場 : 2015年  2月  21日(土)

式 典 受付 13:30~ 高等科501教室

祝賀会 受付 15:30~ 輔仁会館 さくらラウンジ

OBへの案内状は2015年1月の発送を予定しております。

 

後援会長 福島 栄(1966.3高男新)

代表幹事 福留 誠(1977.3高等科卒・1981.3大経済)     E-mail   fukutome@nifty.com

http://www.gakushuin-archery.com/ にて順次案内告知予定。

アーチェリー部桜友会の歩み

アーチェリー部創部45周年を迎えて

学習院大学アーチェリー部は、日本のアーチェリー界の黎明期ともいえる昭和32年5月に、樺山庸夫先輩(昭 34経)他数名で「弓道部」再建を発起しました。ご指導いただいた全日本弓道連盟教士の小沼英治先生は、アーチェリーが持つ日本人に適合した新しい魅力に興味をお持ちになり、研究もされておられました。その折り「これからの時代は、洋弓も取り入れてみてはどうか」とのアドバイスをいただき、和弓・洋弓を併せた「弓道愛好会」として昭和34年、大学当局より正式に認められました。アーチェリーといえばロビンフッドのイメージしか思い浮かばなかった時代に、進取の気性に満ち溢れた諸先輩のご努力により、アーチェリー部(昭和42年、部に昇格)の母体となる愛好会が誕生したのです。

以来、今日までの45年間は苦難と波瀾の連続であったと思います。その度に、部長として永年にわたりご指導賜った波多野里望名誉教授をはじめ、大学当局のご理解にも支えられてきました。また、アーチェリー理解者のご尽力と、それぞれの時代を担った現役学生諸君のひたむきな情熱と真撃な取り組み、卒業生各位の温かい支援が相まって、今日まで歩み続けることができました。一方、学生諸君の活躍は、団体戦では関東学生アーチェリー連盟に所属し、不振の時代はあったものの、過去10年を見ると男女共、ほぼ1部リーグに在位し、結果、全日本王座決定戦でチャンピオンになるなどの活躍をしています。また、個人戦も全日本選手権大会、世界選手権大会において多くの選手が活躍し、学習院の名を上げているのも、伝統ある運動部として誇りに思うところです。
さて、創部45年の節目に当たり、「創業は難し、されど守勢はなお難し」とよく申しますが、組織を将来にわたって発展させてゆく苦労は、並大抵のものではありません。しかし、今日まで培ってきたブルズ・アイ倶楽部会員約500名の強固な結束力と、現役学生の他を圧倒する実力と情熱があれば、更に大きな飛躍への道につながると確信いたします。学習院の名声を更に高めるため一致団結し、努力して参る所存です。