カテゴリー別アーカイブ: フェンシング部

フェンシング部 創部60周年記念パーティ開催

2015_フェンシング_s2015_フェンシング_淡路君_s

2015年2月22日(日)12時より、東京表参道の青山ダイヤモンドホールに於いて、学習院大学輔仁会フェンシング部の創部60周年記念パーティを開催しました。

フェンシング部は40周年には記念誌を発行し、50周年には霞ヶ関ビル霞会館でパーティを開きました。60周年では40年から60年の期間の記念誌を発行し、パーティも開催しました。

当日は、学習院から内藤政武院長、公益社団法人日本フェンシング協会から井原健三副会長、山本耕司名誉副会長、関東学生フェンシング連盟OBOG会からは小林英夫会長 ほか関東学連加盟校の監督及びOBOG会の重鎮が多数ご出席されました。

弊部OBOG会 学習院フェンシングも木曜会から89名 現役学生25名総勢155名の出席があり、大盛況のうちにお開きになりました。

フェンシング部は、ほとんどの部員が大学からフェンシングを始める関東学連では

特異な部ですが、諸先輩がたの努力のお蔭で過去に世界選手権へ出場した選手で輩出しております。近年では、高校までスポーツをしていなかった選手が、大学では

全日本学生選手権 社会人では日本フェンシング界の頂点を決める全日本選手権に出場しております。

また、フェンシング、特にエペという全身どこを突いても得点になる種目はヨーロッパではキングオブスポーツと呼ばれ、生涯スポーツとして、高齢の方も楽しんおります。

さて、パーティにはOBOGの家族が出席し、たいへんアットホームな雰囲気でした。

53年卒の淡路 寛君の二男、ロンドンオリンピックフルーレ団体戦 銀メダリスト淡路 卓君も来てくれました。女子部員、OGの写真撮影攻めにあっておりました。

余興では、SMAPの『世界に一つだけの花』を現役 OBOG有志で合唱しました。

♪♪ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン♪♪

学習院大学輔仁会フェンシング部 監督 宇野 哲司

フェンシング部甲南大学定期戦、復活へ向けて

2014年12月13日(土)本院体育館に於いて、最後の定期戦以来14年ぶりに甲南大学フェンシング部との練習試合が行われました。

甲南大学は永い間休部状態でしたが、愛好会から再開し来季は正式な部に昇格いたします。

当日は天気にも恵まれ、甲南大学側を奥田監督が帯同し8名、学習院大学側はほぼ全員が揃い、一年生男子フルーレ団体、男子フルーレ・エペ団体戦の3試合が行われました。

久しぶりの甲南大学とのの試合ということもあり、甲南大学体育会フェンシング部KFC会 東京支部長をはじめ、在京のOBが応援に駆けつけました。

学習院フェンシング部木曜会のメンバーも多数観戦しました。

結果は一年生男子フルーレ・男子フルーレを学習院大学が勝ち、男子エペを甲南大学が制しました。 いずれの試合も大接戦でした。

また、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会事務総長 2013年のIOC総会での最終プレゼンでスピーチを行い、東京2020オリンピック・パラリンピック招致の立役者となった水野正人甲南摂津会会長も応援にかけつけてくださり、学生にたいへん貴重かつ有意義なスピーチをしていただきました。

両校の学生もすぐに親密になり、夕方遅くまで自由に相手を選び、練習試合をしておりました。

来期は正式な定期戦に復帰できるように両校が協力していこうと甲南大学奥田監督と約束をしました。

ちなみに、奥田監督は私の一学年下で1975年と1976年度の甲南戦を戦っております。 38年ぶりの再会でした。

学習院大学輔仁会フェンシング部 監督 宇野 哲司

fenshing2014_1

fenshing2014_2