「馬術部の健闘を祝う会2018」開催のご報告

平成30(2018)年12月21日(金)  平成30年1年間の「馬術部の健闘を祝う会」をホテルメッツ目白にて開催致しました。
年末のお忙しい中、江崎博文学習院常務理事・東園基政桜友会会長・高等科馬術部顧問の徳田茂子先生の御出席を賜り、内藤政武院長から大きな祝花を頂戴しました。
会場に駆けつけた桜鞍会会員40名と現役学生32名が集合、笑顔溢れる会となりました。
冒頭 勝田会長より今回の馬術部の快挙を称え、監督・コーチに対して感謝の言葉と前の週に交代した福光新主将以下現役に対する激励の挨拶がありました。
その後安田前主将より平成30年の馬術部の活動報告と試合結果をスライドを使って、
【第 53 回関東学生賞典馬場馬術競技大会】 団体三位(この結果により全日本出場決定)
【第 61 回全日本学生賞典馬場馬術競技大会】
16年振りの団体三位   安田利実(4年)、佐々木意織(4年)、木村優希(4年)
個人決勝   木村優希 第4位。安田利実 第9位
【第 54 回全日本学生馬術女子選手権大会】  28年振りの優勝   安田利実(4年)
の快挙を報告。また、下級生選手も参加した対青山学院。対慶應大学。対甲南大学との対抗戦も勝利を収めたとの報告が在り、OBOGは久し振りの美酒を味わいました。
明るい報告に沸く会場では、80代OBと10代・20代の部員が和気藹々と談笑する光景を始めとしてあちらこちらで明るい笑顔が弾けていました。

また桜鞍会事務局で日本馬術連盟副会長嘉納寛治氏からサプライズ報告で、木村優希選手が日馬連のプログレス ジュニアティームのメンバーに選ばれた事が報告されました。安田利実選手は既に選ばれておりますので、馬術部から2名選ばれたことになります。

桜鞍会から今年度の活躍に対し馬術部と瀬理町技術顧問に馬具一式と御礼が贈られました。瀬理町技術顧問からは全日本の説明前に、まず試合に出場した選手ではなく裏方で支えてくれた部員達に対する熱い感謝の言葉があり、その後、全日本団体戦での出場順を決めるところから始まっている作戦のお話し等興味深い解説を伺いました。
最後に福光新主将のリードで院歌斉唱、エールで締めくくり、来期の活躍を期待し、今後も桜鞍会としても応援していくことを確認し、閉会となりました。

江崎学習院常務理事

東園桜友会会長

桜鞍会勝田会長

桃谷樓銀座三越店 訪問 (丑寅会)

平成31(2019)年1月9日、畑中利久君(昭和43高・47経済卒)が銀座三越11階に昨年末開店した「桃谷樓銀座三越店」を訪問しました。素敵な奥様もご一緒です。
「化学調味料を一切使わず、天然塩・有機大豆醤油など厳選した自然の調味料だけを使用し、素材が持つ滋味を活かした伝統の技」と謳うだけあって、薄味で上品な味でした。お薦めのお店です。


左から、E組・小川高司、D組・善利秀臣、E組・山崎晶三、A組・田辺実・大西利一、E組・島村徹、C組・畑中利久
右手前から、A組・沼田彰史、D組・坂本光一・藤田壮太郎、畑中令夫人

純桜会(昭和36年3月初等科卒)のご報告

2018年12月9日(日)、紀尾井町ホテルニュータニ ゴールデンスパ・ニュータニ内レストランにおいて純桜会(昭和36年3月初等科卒)の古希記念同窓会が開催されました。前回(2016年11月)の同窓会の時に次回は古希を迎える時にという事になり、今回の開催となりました。63名の同窓生に加えて上谷先生、および泉田先生にもおいで頂き、あっという間に予定の2時間半が過ぎました。同期の都倉俊一さんが今年度文化功労者に選出されましたので、皆でお祝い。最後に都倉さんにピアノを弾いて頂いて院歌を斉唱し、次回の再開を約束しました。

純桜会 代表幹事 諸戸清郎

竿友会 創部65周年記念パーティー

平成30(2018)年10月13日百周年記念会館に於いて、創部65周年記念パーティーをOB・OG61名、現役27名の参加で開催しました。現在会員は、OB・OG現役を合わせて400名を越え、5年ごとの節目の記念パーティーは、まさに創部理念であるOB・OGと現役が一体となる行事です。
今回の記念パーティーでは桜友会副会長の玉置氏より祝辞をいただき、昭和31年卒の藤崎初代会長より竿友会誕生秘話、はるばる鹿児島から参加したOB、同好会昇格当時の主将から「思い出ストーリー」としてのインタビュー、現役の活動報告など、懇親の中にも貴重な話が聞けた一時でした。
会場には白黒写真から始る懐かしいスライドショー流れ、歴代大物記録、魚拓、写真が展示され、65年の歴史を実感するとともに、その時代に思いをはせることができました。
橋本会長からは、この5年間を振り返り、毎年「オール学習院の集い」に出展し、釣りを大いにアピールした事、又、平成26年には念願の同好会昇格を果たすなど大きく変革をとげた事、OB・OG会も会則を整備し、会費を復活し現役を支援する体制を整えた事などの話がありました。
65周年を記念して課外活動助成基金(竿友会指定)に30万円の寄付と記念の大漁旗が現役に贈呈されました。
予定された2時間はあっという間に過ぎ、70周年に再会する事と、竿友会活動のますますの充実を期してお開きとなりました。

竿友会 連絡先
大月一義(S48年法学部卒)

学習院大学甲南大学卓球定期戦、65周年記念式典

2018年11月10日・11日、卓球部の甲南戦が本院卓球場にて開催されました。
10日の個人戦は、男子は1年生の伊藤昴選手が優勝、女子は1年生の加藤奈緒選手が準優勝しました。11日の団体戦は、男子は甲南が勝ち、女子は本院の勝ちです。試合後、卓球場にて卓球定期戦65周年記念式典を開催しました。
両校関係者よりご挨拶をいただき、OBOG会の役員を紹介。全員で記念写真を撮り、65周年記念のデジタル時計付き写真立てを参加者に配布しました。また過去64回の団体戦の記録を冊子にして配布しました。改めて甲南大学との定期戦の伝統を感じる式典となりました。

【報告:卓桜会会長S55年卒 岡本 誠 okamotom@nifty.com

法学部旧刑法・香川達夫ゼミOB・OG会(香櫻会)2018


2018年の元大学法学部刑法演習 香川達夫ゼミの香櫻会総会 兼 香川先生の満92歳のお誕生日をお祝いするカクテルパーティーの開催が、去る6月30日目黒・雅叙園東京内 結庵にて開催されました。まさにこの日92歳のお誕生日を迎えられた香川先生は、奥様と共にお元気にご出席され、10分を超えるスピーチを原稿なしでお話になるなど、総勢45名の卒業生と共に楽しい時間を過ごされました。

先生ご夫妻それぞれのスピーチは、下記You Tubeで、検索ワード『香川ゼミ2018』にて閲覧可能です。
香川先生スピーチ:https://youtu.be/cXFCz4GY4zQ
奥様スピーチ:https://youtu.be/iYL1qIrqX-0

過去約10年にわたる先生のスピーチも併せて、関連動画として掲載依頼昨ワードの年次を変えれば閲覧可能ですので、近年ご出席いただけていないOB・OGの皆様も先生のお話をお楽しみください。来年の再会を約して、散会いたしました。

年度幹事 小原幹晶(平8法) mot_ohr@ybb.ne.jp

卓桜会四大学卓球部OBOG交流戦報告2018

2018年10月13日(土) 四大学卓球部OBOG交流戦が本院卓球場にて開催されました。今年は第17回、5巡目を迎える伝統のイベントです。
学習院から21名、四校合わせて86名が参加。第一部の卓球大会では各校混成の3ダブルス1シングルスの8チームが編成され勝敗を争いました。各校の現役部員には試合審判で協力していただきました。
第二部はさくらラウンジにて懇親会が行われ、幅広い年代が親交を深めました。最後に各校の校歌斉唱とエール交換を行い散開となりました。/卓桜会会長 岡本 誠(昭55済)  okamotom@nifty.com

櫻廣会(学習院大学広告研究会)

第32回オール学習院の集い(2018年4月15日)

第31回オール学習院の集い(2017年4月16日)

第30回オール学習院の集い(2016年4月17日)

創立50周年記念誌「ラ・レクラーム」復活版2011年6月25日発行

平成11(1999)年11月27日(土)午後6時より、学習院大学創立百周年記念会館にて平成11年度櫻廣会総会が開催されました。各代の貴重な記念写真が披露され、時の経過をつくづくと感じました。

平成10(1998)年7月18日(土)午後6時より、学習院大学さくらラウンジにて平成10年度櫻廣会総会が開催されました。23・24・25期の幹事の皆さんご苦労様でした。最後に、第一期の杉 忠重先輩の一本締めにて総会を終了いたしました。

ありしの 1期 杉忠重 氏

ありしの 2期 浦辺穣一 氏

3期 皆川 峻 氏

5期 平井良介 氏

【物故者】
杉 忠重 (第1期)2018年10月11日没、享年76歳
浦辺穣一 (第2期)
土屋源保(第3期)
田口恵美子(第7期)
近藤雅美(第7期)
亀掛川光生(第10期)
福原孝史(第18期)
あらためてご冥福をお祈りいたします 合掌

★櫻廣会会長 荒田真一郎(昭52経) bmw523i04@yahoo.co.jp
★櫻廣会世話役 李 春成(昭54政) leevancreaf@gmail.com

 

第7回「遊ゆうProduce」のご報告・春秋会(放送研究部OB会)



平成30(2018)年10月6日(土)、夏のような暑さの中、ヤマト運輸の羽田クロノゲートのガイド付き見学ツアーに行って来ました。普段使っている宅急便の、知らなかった物流設備が良くわかりました。見学後は、場所を「JALシティ羽田」に移動してランチを楽しみました。【報告:泉本和彦】